再び新しい地で、ホーユー製品に関わる。

 

MEMBER

先輩社員の想い

技術系
生産技術部門
2001年入社
工学部 機械システム工学科卒

 
HOME | 社員を知る | 先輩社員18

新タイ工場建設プロジェクトが、今の私の原動力。

生産・物流部門に配属され、当社製品製造に関わる生産設備・ユーティリティー設備及び建屋の保守管理を行っています。入社から19年間、常に目の前で当社製品が作られ、完成していく製品製造に直接携わることができました。自分が直接担当し、日々維持管理している製造ラインでできた製品をドラッグストアなどの店頭で見つけた時は、この上ない喜びとやりがいを感じます。また、装置トラブルへの対応は生産日程遅延や製品品質への影響を最大限に無くす必要があります。苦労することもありますが、復旧後の現場担当者からの「ありがとう」が全てを救ってくれます。それも大きなやりがいで、この業務の魅力と言えます。 幸運にも私はそんな中、海外の新タイ工場建設プロジェクトに関わることができました。何も無い土地に工場建屋が建設され、自分が描いた図面通りに建屋内がレイアウトされ、仕様通りに製作された装置が導入される一連の流れを、現地で自分の目で確認することができました。本当に感動しました。そして、操業後の一年間は駐在という形でタイ工場生産設備維持管理のサポートをし、長期的に関わることで言語の違い、時間感覚などの文化の違いによるトラブルから、海外業務の厳しさを実感できました。そんな貴重な経験は、今では私の大きな財産となって、今の私の原動力となっているといっても過言ではありません。

製品を手に取られるお客様の気持ちを忘れない。

我々の業務は店頭に並ぶ商品の製品品質に関わる重要なポイントを担っています。日々目の前を流れる何万個以上の製品を自信を持って出荷できるよう、「当社製品を店頭にて手に取られるお客様の気持ち」を忘れない姿勢で業務に取り組んでいます。トラブル復旧後に生産される製品を手に取り、正常品であるかを十分確認し、生産ラインコンベア上に戻す際には、必ずこの心掛けを思い出すようにしています。また、そんな製品を送り出す我々も業務が潤滑に進むよう、課ミーティング等で情報共有し、課内コミュニケーションを密にすることで、製造へのサポート体制を築き、どんな時も生産に影響が出ない環境を目指しています。
 

挑戦したいことは、海外を中心とした最新生産ライン導入計画への参加

国内外の工場を問わず、日々の設備トラブル対応、既設生産設備からユーティリティー設備に至るまでの維持管理業務、当社需給調整資料、拠点・物流在庫資料を基にした生産計画、効率的な生産体制への人員配置・管理等、現在まで担当した業務経験を基に、当社製品をグローバルに展開する国際プロジェクトに参加したいと考えています。今後は少量多品種化が一般的になる中、既設生産ラインへの新製品対応も求められ、生産計画に準じた最適な新規設備の導入検討を進めており、展示会・セミナーへの参加で常に最新情報を取り入れています。そんな一連の業務を新しい国々で展開し、当社製品が海外市場で更にシェアを伸ばせる手助けができればと思っています。

これまでのキャリアチャート

2001年4月

入社

2001年5月

生産・物流部門に配属

2004年2月

桜が丘製造部門へ異動

2009年3月

生産情報管理部門へ異動

2010年5月

タイへ赴任、新タイ工場竣工後のタイ人主体での生産体制構築のサポートを担う

2011年9月

工務部門へ異動

2014年3月

生産統括部門へ異動

2016年3月

生産技術部門へ異動

2017年3月

製造部門へ異動

私の応援メッセージ

大きな希望、期待を持って業務に臨めば、必ず大きな壁に突き当たり、困り果て、どうしようもなくなるタイミングが訪れます。そんな時、当社には自分のことのように心配し親身になって相談に乗り支えて下さる先輩方、同僚が必ずいます。私の場合もそうでした。個々人の意志が尊重される傾向があり、一見ドライな雰囲気を感じるかもしれませんが、とことん頼って下さい。そこから大きな絆が生まれます。そんな絆を共に築いていきましょう。お待ちしています。

 
あなたには、あなただけの色がある。

 

他の技術系の先輩を見る