新技術で社会への貢献を目指す。

 

MEMBER

先輩社員の想い

技術系
基盤技術研究部門
2014年入社
生命農学研究科 応用生命科学専攻了

 
HOME | 社員を知る | 先輩社員12

科学的な幅広い業務が魅力。

入社以来、ヘアカラーの技術開発やメカニズム研究に従事しています。入社直後は、海外製品開発に役立つ知見の獲得を目的として、人種や国別の毛髪研究に取り組んでいました。その後は美容室向け製品の技術開発や、より安全性の高いカラーリング技術開発に携わっています。特に安全性に関わるカラーリング技術は社内で賞を頂き、自分達の技術が認められたと思うと、大変やりがいを感じました。このように基盤技術研究部門では、科学的な性質が高く、学会で発表するような内容の基礎研究から、未来の新製品を目指した応用・開発研究まで幅広い業務に携われることが最大の魅力だと思います。私自身ヘアカラーの技術開発に携わる傍ら、大学や公的研究機関と共同で基礎研究を行うことで、社内だけでは得られない物の見方や考え方を学ぶことができました。

目的やゴールを見失わないように。

企業で行われる基礎研究は、未来の製品に結びつくことを目的に行われています。そのため、「最終的にどんな技術を生み出したいのか」ということを念頭において、研究に取り組んでいます。目の前の研究に集中するあまり、目的やゴールを忘れてしまうことは往々にしてあることですが、そうならないようにゴールから考えることを日頃から意識しています。また、基礎研究は短期間で終わるものではなく、なかなか良い結果が得られないこともあります。だからこそ、成功しても失敗しても「前進あるのみ」をスローガンに日々研究に取り組んでいます。
 

100年来の謎を解き明かす。

現在は、ヘアカラーによって髪が明るくなるメカニズムの研究に取り組んでいます。現在の形のヘアカラーが誕生してから100年以上経ちますが、染毛メカニズムの多くは謎に包まれています。それはある意味で研究の困難さを表しているとも考えられますが、100年来の謎を解き明かし、100年ぶりにヘアカラーの形を刷新することで、世の中に新しい価値を提供することに今後挑戦していきたいと思っています。

これまでのキャリアチャート

2014年4月

入社

2014年5月

基盤技術研究部門に配属

2014年6月

外国人毛研究プロジェクトに参加

2016年5月

美容室向け製品の技術開発テーマに参加

2017年5月

ヘアカラーの脱色作用に関するメカニズム研究を開始

私の応援メッセージ

就職活動において「どうなりたいか」、「何をしたいか」を考えることが重要だと、よく耳にするかもしれません。しかし、この考え方は就職活動に限らず会社に入ってからも重要なことだと私は思います。学業おけるゼミや研究活動の中でも「最終的に何をすべきか」、「そのために今やるべきことは何かと」、ゴールから考えるように心がけると、きっと就職活動もその後の会社生活も上手くいくと思います。

 
あなたには、あなただけの色がある。

 

他の技術系の先輩を見る