Member
先輩社員の想い

HOME | 先輩社員の想い | 先輩社員 06

インドに奮闘中!目標達成のために日々努力。

 
 
 
 

営業部門

海外事業本部 海外営業部門
2009年入社
商学部卒

インドに奮闘中!目標達成のために日々努力。

 

営業部門
海外事業本部 海外営業部門
2009年入社
商学部卒

自分の目で市場を見て、現地のスタッフとともに努力。


営業のやりがいを感じるのは、自分の担当国での販売が伸びる策を現地のスタッフと共に考え、実施し、販売が伸びた時です。入社後担当を頂いたのは、西アジアエリアの国(バングラデシュやスリランカなど)でした。担当国の中でも、販売が一番伸びそうなバングラデシュの梃入れをしていましたが、当時様々な問題で、販売が激減したことがありました。バングラデシュの代理店の方々と一緒に多くのお店を訪問し、現状と要望を把握することで、次にどうしたら販売改善・拡大できるのかを何度も話し合いました。両社で納得行く最善の策ができ、そのお陰で、順調に販売が拡大していきました。販売が伸びてこない時期は、つらい毎日でしたが、販売が伸び始めたのを見て、とてもやりがいを感じました。今では、とても複雑といわれる国の一つ、インドを担当させて頂き、様々な問題に直面しながらも、自分の目で市場を見て、現地の代理店のスタッフと日々どうやったら販売拡大ができるかを考えて、施策を講じています。

現場の意見を尊重して施策を検討。


仕事の上で大事にしていることは、現場の意見を尊重することです。当然、定量的な面では、自分でデータをまとめたり、分析したりすることはできますが、最終的な施策を検討/実行する上では、現場の感覚が入っていないと効果が最大限にでないと感じています。私自身出張ベースでしかその国を訪問できないため、どうしてもその国の感覚や、日々変わる市場動向が詳細に掴めません。そこで、データ分析の結果と、現地の状況を熟知している代理店スタッフの意見を尊重して施策を検討しています。
 

担当国の販売成長に向けて、挑戦は無限にある。


現在は、担当国のインドに奮闘中です。毎日のように問題に直面し、慌ただしい毎日ですが、解決するために、営業面だけで無く、工場のことや、マーケティングのことに関わることもあります。色々な分野に触れる機会があり、自分自身の知識や視野が広がりつつあります。今後も担当国の販売成長に向けて、今まで得た知識と今後得る知識をもって、現地のお客様に自社製品の良さを知ってもらい、一つでも多く購入して頂けるよう努めていきたいです。

これまでのキャリアチャート


 

2009年4月

入社

2009年5月

欧米営業部に配属

2010年5月

西アジアエリアを担当

2013年3月

インド副担当及び西アジアエリアを担当

2015年3月

インドを担当

MESSAGE

私の応援メッセージ

就職活動は色々な企業や業界を見て、知ることができる貴重な時間だと感じます。私の場合、就職活動を始めた当初、やりたいことが定まっていなかったため、業界を絞らず、自分の興味のある企業の説明会に積極的に参加していました。自分なりにその業界を調べたり、説明会で話を聞いたりすることで、それぞれの業界を知り、その企業の思いを知ることで、自分のやりたいこと、働きたい業界、企業というものが見えてきたことを覚えています。自分のやりたいこと、可能性を探りたい方は、この就職活動という絶好のチャンスを最大限に活かして、様々な企業を見て、自分の働きたい場所、自分の理想に近づける企業を見つけて下さい。弊社の海外事業部では比較的早い段階から、出張に行くことができ、チャンスを多く与えてくれる企業です。就職活動の中で、弊社の風土や弊社の製品に興味が少しでもあれば、会社説明会に来て見て頂ければ嬉しいですね。

他の営業部門の先輩を見る