Member
先輩社員の想い

HOME | 先輩社員の想い | 先輩社員 03

キラッと光る会社で各国No.1を目指す。

 
 
 
 

営業部門
海外事業本部 海外営業部門
2016年入社
文学部 英文学科卒

キラッと光る会社で各国No.1を目指す。

 

営業部門
海外事業本部 海外営業部門
2016年入社
文学部 英文学科卒

海外出張で自己成長。


私の所属する海外営業部は、アジア各国の市場データの管理や分析と、そのデータを基にした小売企業への棚割り提案の推進を行っています。データを見るだけでは現場の肌感覚を得られないため、入社2年目の6月から11月までの5か月間、営業社員に同行しアジア各国を出張しました。営業実務や貿易、商標・規制など、多岐にわたって勉強する機会となり、定量的な面だけではつかめない全体の流れや現地の声などの実情を知ることができました。この経験を活かして、こういうデータが役立つのではないかと先回りし、課題発見の糸口になれた時は大きなやりがいを感じます。

常に目的を考え、海外消費者への理解を深める。


常に目的を忘れないよう心掛けています。これを意識するようになったきっかけは、ミャンマーの代理店スタッフにヘアカラー理論を講義したことです。事前準備として「英語でのプレゼン原稿作成」に注力しましたが、いざ本番では予想もしていなかった質問が飛び交い、同行の先輩にフォローしてもらう事態となってしまいました。本来の目的は「ミャンマーの代理店スタッフにヘアカラー理論を理解してもらう」ことにあったので、私が事前に尽力すべきは、当日私が話す英語からミャンマー語に通訳してくれる方との打ち合わせや、ヘアカラーに携わっていない方目線で躓きやすいポイントを探し、どう説明するか考えておくことでした。この経験から、自分がやっている業務が何のためで、それをより望ましい形で果たすために自分はどういうことをすれば良いのかを考えるようになりました。
 

棚割り提案に奮闘。


現在、東南アジアの棚割り提案に奮闘しています。国内では当たり前に行われている棚割り提案ですが、海外では流通環境が異なり、まだまだ未整備な分、自分なりの考えを持ち、その想いを提案資料に載せることができます。小売企業との関係性強化と自社商品の売上アップのために試行錯誤しています。今後は国内コンシューマーに異動し、営業のスキルを身につけたいと思っています。コンシューマー営業で基盤力を付け、もう一度海外事業部にて活躍できればと思います。

これまでのキャリアチャート


 

2016年4月

入社

2016年5月

海外事業本部アジア営業部に配属

2016年6月

フィリピン・マレーシア・シンガポールの市場データ分析を担当

2017年6月-11月

営業研修としてアジア各国を訪問

2017年12月

フィリピン・マレーシア・シンガポール・ベトナム・インドネシアの市場データ分析を担当

MESSAGE

私の応援メッセージ

就職活動は色々な企業や業界を見て、知ることができる貴重な時間だと思います。私は就職活動を始めた当初、やりたいことが定まっていなかったため、業界を絞らず、様々な企業の説明会に積極的に参加していました。ホーユーの説明会を聞き、「小さすぎず大きすぎないちょうどいい会社」と思い入社を決めましたが、まさしくその通りだと感じています。海外事業部は比較的早い段階から、出張に行くことができ、若手でも関係なくチャンスを与えてくれる風土があります。自分のしたいことを明確にし、それを実現できそうな企業を探してみてください。

他の営業部門の先輩を見る