Member

先輩社員の想い

成長し続ける環境をつくるのは自分自身。

 
 
 
 

研究・生産部門
総合研究所 研究企画室
2013年入社
生命ナノシステム科学研究科 ゲノムシステム科学専攻了

成長し続ける環境をつくるのは自分自身。

研究・生産部門
総合研究所 研究企画室
2013年入社
生命ナノシステム科学研究科 ゲノムシステム科学専攻了

他部署の方々に頼られることが私のやりがい。

入社当時は知的財産に関する知識は皆無でしたが、特許関連業務を担当させて頂きました。非常に専門的な業務であるため、ひたすら勉強する日々でした。自分の知識が深まるにつれ、先輩方から頼られ、質問等も多くされるようになっていった事は私の仕事のやりがいの一つでした。その後、自ら希望したところ、入社3年目からは国内外特許関連業務に加えて、一部海外商標関連業務及び契約関係も担当させて頂いています。それにより、仕事の幅がぐっと広がり、模倣品対策や契約交渉のために海外出張をすることもありました。入社当時はまっさらであった知的財産に関する知識が増えていき、他部署の方々に頼られることは私の仕事のやりがいであると思います。また、強く希望すれば若手のうちから多くの事に挑戦させて頂き、成長を促してくれる点はホーユーの魅力であると感じています。

大切にしているのは、受け身ではなく、自分でつかみにいくこと。

仕事は絶対断らない。仕事は自分でつかみに行く。仕事をする上で一番大事にしていることは「どんな仕事でも断らない」というポリシーです。たとえ仕事量が多くつらい思いをしていたとしても、たとえそれがつまらないと感じる仕事であったとしても、それを断らずしっかりとこなすことで、自分のやりたいと思える仕事に巡り合えたり、仲間たちからの信頼、そして自分自身のモチベーションにも繋がると考えています。また、待っているだけでも仕事は降りてきますが、受け身ではなく、自分でつかみに行くことも仕事をする上で大切にしている考えです。

「会社のためにできること」を探し、挑戦していきたい。

以前に会社として決めた、ある知的財産に関する考え及びその基準の見直しに現在奮闘中です。無事にその基準を変更することができれば、研究員の商品開発にかかる時間を大幅に削減でき、さらにより良い商品を作ることが可能となります。しかし、以前に会社として決まった基準であるため、変更することは容易ではありません。多くの法的証拠や弁護士の見解等を集め、説得のための資料作成等に現在奮闘中です。今後も通常業務とは異なった「会社のためにできること」を探し、挑戦していきたいです。

MESSAGE 私の応援メッセージ
特に理系の方は、現在学んでいる専門的なことを将来仕事にしていきたいと考えている人が多いのではないでしょうか。それも良いことであると思いますが、単に、自分の専門外をイメージできないから、自信がないから、そのように考えているのかもしれません。大切なのは専門的な学び自体ではなく、その経験そのものや学びの過程から得られる知見であって、それらはどんな仕事であっても活かすことのできる武器であると思います。私自身、入社するまで知的財産など知りませんでした。
皆様の可能性は現在学んでいる専門的なことだけではありません。自分の可能性を狭めず広い視野で「数十年後の自分が何をしているか」をイメージし、様々なことに挑戦していってください。

SCHEDULE ある一日のスケジュール

8:00 出社
コーヒーを淹れ、メールチェック

9:00 特許勉強会
研究員向けの特許勉強会の講師をする

12:00 昼食
社内食堂にて同期としばし談笑

13:00 ミーティング
知財管理グループで情報共有

16:00 打ち合わせ
研究員と打ち合わせ

18:00 退社
メールチェック・各種事務作業

CAREER これまでのキャリアチャート

2013年4月 入社

2013年5月 知財・情報管理室に配属、国内特許関連業務を担当

2014年4月 海外特許関連業務を追加担当

2015年3月 研究企画室に異動、海外商標業務及び契約関係業務を追加担当

2015年7月 模倣品対策のためインドへ出張

2016年1月 商標関連でタイへ出張

2016年9月 日本化粧品工業連合会特許委員会研究会へまとめ役として参加

 

他の研究・生産部門の先輩を見る